スキップしてコンテンツに移動する

<<オンライン限定4月クーポン>>5,500円以上ご購入で20%OFF!!クーポンコード「SL-202104」

ジャーナル

JOURNAL

2021.03.03

SELF-CARE THROUGH SCENTS.

こんにちは、フレグランスプロデューサーの石坂将です。

今日は、私のライフスタイルの一部である、香りを通したセルフケアのルーティンを共有したいと思います。

私のモーニングルーティンは、家中のフレグランスディフューザーのスティックをひっくり返して抹茶を楽しむことです。これは私が心地よく1日を始める習慣です。


私はそれぞれの部屋に異なる香りの異なるディフューザーを置いています。朝起きた私は、家の中を歩き回ってスティックをひっくり返しながら、それぞれの部屋にフレッシュで甘いフルーツの香りが充満するようにします。

これは、心地よい香りを部屋に広めるだけでなく、五感を心地よく刺激するのに効果的だと思います。

私は、嗅覚は健康のバロメーターだと感じていて、日常の中で心地よく刺激し続けることが重要だと考えています。
日常的に体を動かすように、嗅覚も日常的に適度に刺激することが、心身の健康に繋がるのです。

例えばお酒を飲み過ぎた翌日は嗅覚が鈍感になるように、私たちの意識と匂いの感覚は非常に重要な関係があります。

また、時には家族と一緒に「香り神経衰弱」という私が考案した香りマッチングゲームをすることもあります。目に見えない香りを覚えておくのは大変なので、これは楽しいゲームであるだけでなく、脳も活性化することがわかりました。

実際、嗅覚を鍛えるとアルツハイマーの予防に繋がると考えられています。また、最近では、COVID-19の多くの症状の1つは、嗅覚の喪失だと言われています。


人間の体というのは不思議なもので、常日頃鍛えている箇所は壊れにくいと考えられます。


では、日常的に嗅覚を鍛えていたら、どれほどの健康に繋がるのでしょうか?・・・とても興味深いですね。

どうです?こうやってみていくだけでも、嗅覚を通した健康の確率はとても有効に感じてきませんか?

そういって意味でも、香りを使って自分だけの新しいセルフケアルーティンはとてもオススメです。

毎日のセルフケアに ~ GO AHEAD, LAYER IT ON.